ホームページの作り方

行政書士の仕事の取り方|ホームページから依頼をもらうために知っておくこと

更新日:

『インターネットを使ってホームページで営業(集客)したい!』 

行政書士として開業した人はそう考えている人は多いはず。

インターネットが発達してほとんどの人がスマートフォンを持ち、どこでもインターネットができる時代。

現在ではほとんどの行政書士がホームページを持っていますよね。

行政書士とはいえインターネットで営業しないともったいないですよね。

 

しかし、無形のサービスを提供する行政書士にホームページから依頼をする人はいるのだろうか?

どれくらいの問い合わせがあるのだろうか?

疑問に思うところだと思います。

 

結論から言うと

 

『ホームページから依頼が来る行政書士もいれば依頼が来ない行政書士もいる』

 

と感じています。

 

ホームページから依頼があるかどうかは、やり方次第。

 

ちなみにうちの事務所の売上げの50%以上がホームページ関連の売上げです。

(まぁ、大した額じゃあありませんがね…)

 

関連

ネット集客で売上が上がった記事はこちら>>>SNS活用で売上が2.5倍!|行政書士のネット集客方法

 

そんなわけで、この記事では『行政書士がホームページを使って営業するために知っておくこと』について書いてみました。

それでは、

行政書士の営業方法|インターネットから依頼をもらうために知っておくこと

を、お送りします。

行政書士の営業とはお客様の悩みを解決すること

まず、忘れてはいけないのは行政書士の営業とは『お客様の悩みを解決すること』にあります。

そして、営業ツールであるホームページもお客様の悩みを解決するものでなくてはいけません。

『お客様の悩みを解決する』

このことに基づいてホームページを作らないと、いくらきれいな見栄えのいいホームページを作ってもお問い合わせは来ないでしょう。

GoogleやYhooなどの検索エンジンは検索する人の『悩みや問題』を解決するために存在するのですから。

ホームページでネット集客するためには知識と経験が必要

ホームページで集客したいのであればホームページ内にコンテンツ(記事)を作らなくてはいけません。

しかし、コンテンツ(記事)を作るためには業務に関しての知識と経験が必要になります。

 

開業したての新人行政書士には経験も知識もほとんどないですよね。

 

『じゃあ、新人行政書士にはホームページからの集客は無理なのか?』

 

はっきり言うと、かなり厳しいでしょう。

 

ですが、厳しいからといってなにもしなければホームページからの依頼はぜったいにありえません。

 

しかし、知識も経験もない新人行政書士がどうやってお客様の悩みを解決できるコンテンツを作るのか…

 

その方法とは先輩行政書士のホームページをまねるところから始めましょう。

 

あなたがやりたい業務のホームページを探し、研究して、『どんな内容が書かれているか』、『お問合せをもらえるようにするにはどうしたらいいのか』を必死になって考えましょう。

 

 

そしてそれらをあなたのホームページに盛り込んでいきましょう。

 

最初からうまくいくことは絶対にありえません

 

きっと、時間もかかることでしょう。

 

また『こんなコンテンツで本当に依頼が来るんだろうか?』という不安もあるでしょう、

 

でもやらなければ『無』です。

 

行政書士がホームページで集客する場合は『とにかく時間がかかること』、『なにもやらなければ無であること』を理解しておきましょう。

ホームページで集客したいなら検索エンジンに上位表示されなければいけない

一生懸命作ったホームページ。

大金をかけてホームページ制作会社に作ってもらったホームページ。

ホームページは作ったからといってすぐにお問合せや依頼が来るわけではありません。

Googleやyahoo!の検索エンジンで上位表示されなければお問合せや依頼はほとんど来ないでしょう。

なぜ、上位表示されないと依頼が来ないかは下記データをご覧ください。

下記データは検索エンジンで表示されたコンテンツのクリック率を表しています。

検索で上位表視された場合のクリック率

1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

ご覧のとおり、1位~10位で58%近くあります。

つまり、特定のキーワードで検索して2人に1人以上は上位表示10位以内のコンテンツをクリックしていることになります。

もっと言うと3人に1人は上位3位以内のコンテンツしかクリックしてません。

ホームページからの依頼を期待する場合、最低でも5位以内には表示されないとほぼ依頼は来ません。

そんな自分もホームページを作ってから数ヶ月は音沙汰なしでした。

『香川県 車庫証明 行政書士』

で、検索するも上位表示されてませんでしたね。

しかし、半年ほど経過したところでポツポツと依頼が入り出しました。

調べてみると、ある特定のキーワードで5位以内に入っているではないですか!

めちゃ嬉しかったですね。

それと同時に上位表示される大切さがわかりました。

極端な話、いくらよくできたホームページを持っていても、上位表示されなければ『無い』と一緒です。

ホームページでの集客を成功させたいなら継続すること

ホームページは作って終わりではありません。

ホームページとは育てるものです。

自分の経験からわかったことですが、ホームページを公開したては検索エンジンに上位表示されることはありません。

ホームページのコンテンツをたくさん作り、上位表示されるように修正していく。

これを繰り返していかなければ、ホームページから集客することはできません。

現役の行政書士さんでホームページを育てている人は少ないですよ。

だいたい、ある程度コンテンツを作って終わり。

そのまま放置。

そういった行政書士さんが多いので新人行政書士に付け入るスキがあります

新人行政書士は時間だけはあるはずです。

空いている時間をコンテンツ作成にあてましょう。

また、検索エンジンに上位表示されるためのコンテンツ作りにはSNSで情報収集をしましょう。

まとめ

行政書士がホームページから依頼をもらうためには知識と経験が必要です。

そして知識と経験をコンテンツにフィードバックしていかなければいけません。

知識と経験をフィードバックしたコンテンツは悩みを持っている検索者には必要な情報になる可能性が高いです。

検索者の悩みを解決するコンテンツを作っていれば、必ずそこから依頼に結びつきます。

なぜならあなたに相談すれば『悩みが解決できるかもしれない』と考えてもらえるからです。

はっきり言って、なんの経験もない新人行政書士がホームページで集客するのは難しいでしょう。

しかし、ホームページを作っていかないとなにも起こりません。

ホームページでの集客には時間がかかります。

最初は成果が出ません。

ですが、諦めずにお客様の悩みを解決できるコンテンツを作り続けていけば必ず結果が付いてきます。

結果が出だすと、ホームページはこれ以上ない営業ツールになります。

ホームページの作成には時間も知識も経験も必要ですが少しづつでもいいのでホームページを育てていきましょう。

-ホームページの作り方

Copyright© 行政書士で喰えるか , 2020 All Rights Reserved.