ホームページの作り方

行政書士におすすめ!ネット集客に効く有料レンタルサーバー3選

更新日:

  • 初めてのレンタルサーバー選び、専門用語がよくわからない
  • レンタルサーバー選びで何をどう比較していいかわからない
  • 行政書士が実際に使っているレンタルサーバーが知りたい

ホームページ立ち上げのためのレンタルサーバー選び。苦戦します。

 

初めてのレンタルサーバー選びならなおさらですね。

 

私もレンタルサーバーは3社ほど渡り歩きました。

 

今はスターサーバーさんで4年近く利用しています。

 

最初、私はほんとにレンタルサーバーはどこを選んだらいいか戸惑いました。

 

もう、わけがわからん状態。

 

そもそも、何をどう比較していいのか分かりませんよね。

 

たくさんのレンタルサーバー、難しい専門用語、料金体系…

 

自分にとって何が最適なのか…自分にとって何が必要なのか…

 

 

結論からいうと、レンタルサーバーは最終的に料金で選ぶと後々後悔します。

 

どんなふうに公開するかというと

  • 新しいホームページを増やそうとしたらできなかった
  • たまに通信障害が出る
  • 表示速度が異常に遅い
  • セキュリティに問題が出た

といった感じです。

 

かといって、料金が高ければいいのかというとそうでもありません。

 

たしかに料金が高ければ自由度も高いし、セキュリティや表示速度面でも安心できますが、行政書士にはハイスペックすぎる面もあります。

 

本記事では私の経験上、おすすめできるレンタルサーバーを紹介しています。

 

安心して利用できるハイスペックなサーバーから私が実際に利用しているサーバーについて書いてみました。

 

それでは

 

行政書士におすすめ!ネット集客に効く有料レンタルサーバー3選

 

をお送りいたします。

行政書士の有料レンタルサーバーの選び方と用語解説

はじめにレンタルサーバーの基礎知識と悩ましい専門用語について簡単に解説してみたいと思います。

 

とりあえず”これは知っておかないとレンタルサーバー選びで頭を悩ます”ことになるのでしっかり読んでみてください。

サーバーとは

サーバーとはサービスを提供している企業側のコンピュータを指し、インターネットを介してユーザーと繋がっています。Webページ閲覧、メール以外にも、ゲームやネットショッピング、SNSなど、インターネットに関わるあらゆるサービスで用いられています。

引用元>>>INTERNET ACADEMY

要するにホームページなどのウェブサイトをインターネット上に表示するための企業側のコンピューターのことです。

 

サーバーに関してはあまり深堀せずに”そういうもの”というとらえ方をしておきましょう。

 

深入り禁止!

基本的なレンタルサーバーの考え方

サーバーは企業が所有しているサーバーを借ります。

 

貸し出し方は企業によって様々。

 

基本的には個人がウェブサイトを立ち上げる場合は企業のサーバーを複数人で借りることになります。

 

サーバーの容量は各社で決まっていて、シェアする人数が多ければ多いほど安くなるし、少なければ少ないほどレンタル料は高くなります

 

例えでいうとシェアハウスをイメージしてください。

 

10人でシェアハウスを借りれば家賃は10等分。

 

2人で借りたら2等分。

 

10人でシェアハウスに住んだら家賃は安くなりますが、割り当てられる居住スペースは狭くなりますよね。

 

逆に2人でシェアしている場合は家賃は高くなりますが、居住スペースは広いですよね。

 

レンタルサーバーはシェアハウスと同じで、料金が安いレンタルサーバーは複数人がサーバーをシェアするため容量が少ないのが基本です。

 

逆に料金が高いレンタルサーバーは一人当たり使用できる容量が多いことになります。

 

サーバーの容量が少ないどんなことが起こりうるのか。

 

それは同じサーバーをシェアしている誰かのサイトにたくさんのアクセスが集まったときに転送量オーバーや容量オーバーになり、最悪あなたのホームページが表示されない恐れがあることです。

 

ホームページがインターネット上に表示されなくなる事態になると大変ですよね。

 

なので、低額なレンタルサーバーを避けて高額でも容量の多いレンタルサーバーを借りる人が多いのです。

 

ちょっと、長くなったのでサーバーの特徴についてざっくり簡単にまとめます。

レンタルサーバーまとめ

  • 格安レンタルサーバー:料金は安いが使える容量は少ない
  • 高額レンタルサーバー:料金は高いが使える容量は多い
  • レンタルサーバーの容量や転送量には気を付けよう

データベースとは

データベースとはサーバー上にホームページの情報を格納する場所。

 

よく見かけるのがMYSQL(データベース)。

 

MYSQL(データベース)はWordpressの作動するための動作条件にもなっています。

 

WordPress限定でいうと、MYSQL(データベース)に情報を格納しサーバーで出力するといったイメージですね。

 

基本的にWordPressでホームページを1つ立ち上げる場合、1つのMYSQL(データベース)を使います。

マルチドメインとは

マルチドメインとは1つのサーバーで複数のドメインを管理すること。

 

つまり、1つのサーバーをレンタルすると複数のホームページを立ち上げることが可能です。

 

行政書士でいうと「車庫証明のホームページ」、「産業廃棄物のホームページ」、「相続関係のホームページ」といった具合です。

 

マルチドメインが0個ということは別のホームページを立ち上げる場合、レンタルサーバーをもう1つ借りなければいけません

 

申し込みの面でも管理の面でも大変なんです。

サブドメインとは

サブドメインとは1つのドメインを親とするとサブドメインで子供となるホームページを立ち上げるイメージ。

 

例えば「Green行政書士事務所(親)」というホームページを立ち上げて「車庫証明のホームページ(子)」、「産業廃棄物のホームページ(子)」、「相続関係のホームページ(子)」を関連付けていくような感じです。

メモリ

レンタルサーバーにおけるメモリは基本的にはパソコンのメモリと同じ働きをします。

 

パソコンのメモリは机の広さを表しますよね。

 

机が広ければ作業がしやすい。

 

レンタルサーバーの場合は処理速度が速くなると覚えておいてください。

レンタルサーバーの選び方

もし、私が現在の状況でレンタルサーバーを選ぶのなら迷わず高額でも容量の多いレンタルサーバーを選ぶでしょう。

 

わだゆう
実際、半年をめどにレンタルサーバーの乗り換えを考えてます

 

しかし、はじめてホームページを立ち上げるならば料金の安いレンタルサーバーを選ぶというのも全然ありです。

 

ですが、あまりにも安すぎるレンタルサーバーやプランを選んでしまうとほんとに痛い目を見ますので、少し値段を出してでも容量の多いサーバーやプランを選ぶといいと思います。

関連

行政書士がホームページ作成時に選ぶおすすめレンタルサーバー|ConoHa

ConoHaレンタルサーバーは新規参入のレンタルサーバーですが、認知度は抜群。

 

一時期TwitterでConoHaレンタルサーバーへの乗り換えが話題になっていましたね。

 

ConoHaレンタルサーバーでは「WING」、「VPS」、「Windows Server」の3つにサービスが分かれます。

 

そのなかでオーソドックスな「WING」について紹介していきます。

料金 1,200円/月~ *初期サーバー設定費用無料
容量 1GB
ドメイン 無制限
データベース MYSQL 60個~
転送量(月) 2.5TB/月~
マルチドメイン 無制限
おすすめ度

ConoHaレンタルサーバーの特徴は”国内最速”をうたっているところ。

 

ホームページなどのウェブサイトはクリックされてからの表示速度に関して重要視されています。

 

あなたも経験はないですか?

 

クリックしたけどウェブサイトがなかなか開かなくてイラっとしたこと。

 

あんまり遅いと、閉じたくなりますよね。

 

ホームページなどの表示速度はいろんな要因がありますので、一概に高速レンタルサーバーを使っているからといって必ず表示速度が最適化されるわけではありません。

 

また、ホームページの表示速度が速いというのもSEO対策の1つでもあります。

 

 

しかし、ホームページ側で表示速度を速める施策を施してもサーバー側が遅かったら何にもなりませんよね。

 

実は私も近々ConoHaレンタルサーバーに乗換えを考えています。

 

ホームページからのネット集客がメインになってきたので、より安定と安心を求めての理由です。

 

ConoHaレンタルサーバーではWordpressの引っ越し作業も代行してくれる(有料)サービスもあるので、いらない手間がないところがいいんですよね。




国内最速高性能レンタルサーバーサービス

ConoHaレンタルサーバーを見てみる

※初期費用無料、最低利用期間なしで月額1,200円~

行政書士がホームページ作成時に選ぶおすすめレンタルサーバー|エックスサーバー

エックスサーバーは説明不要なぐらいメジャーで、運用歴15年という実績にも安心の裏付けのあるレンタルサーバーです。

 

ほんとにエックスサーバーをおすすめする人は多いです。

 

過去、私も利用していましたが月額料金が高いのと行政書士のホームページにはハイスペックかなと感じ乗り換えました。

 

しかし、月額900円で安心と安全が買えるのであれば安い買い物かもしれません。

料金 900円/月~ *初期サーバー設定費用が別途3,000円必要
容量 200GB~
ドメイン 無制限
データベース MYSQL50個~
転送量(月) 500GB~
マルチドメイン 無制限
おすすめ度

エックスサーバーのウリはなんといっても信用と実績

 

多くの人が利用し、おすすめするほど。

 

「いつかはクラウン」じゃないですが、サイト運営をしている人にとってエックスサーバーを利用するというのはそれくらい憧れがあるレンタルサーバーです。



運用実績No.1!

XSERVERを見てみる

※サーバー無料お試し10日間

行政書士がホームページ作成時に選ぶおすすめレンタルサーバー|スターサーバー

スターサーバーは私が利用しているレンタルサーバーです。

 

利用歴は4年近くになるでしょうか。

 

利用プランはスタンダードプランで月額400円。

 

利用開始からノートラブルです。

 

最安値プランが126円/月となっていますが、ユーザビリティが悪いので対象から外しました。

料金 200円/月~ *初期サーバー設定費用無料
容量 50GB~
ドメイン 3個~
データベース MYSQL1個~
転送量(月) 不明
マルチドメイン 50個~
おすすめ度

スターサーバーはマイナーながらも運用歴は2009年から約10年と比較的長い部類に入ると思います。

 

なので、実績から言うと安心ですよね。

 

料金プランも200円/月からとリーズナブルな料金設定になっています。

 

極論ですが行政書士が初めてホームページを立ち上げるとしたらベストかもしれません。

 

いきなり、ハイスペックで高額なレンタルサーバーを使うよりも手始めに安いサーバーを借りて練習のつもりで使うのもあり。

 

ホームページからのネット集客ができだしたらハイスペックなサーバーに移行すればいいだけの話ですから。

 

実際に私も利用していて特に不満もなく利用できていますしね。

 

自分が利用しているという面から見ても、スターサーバーはおすすめできるレンタルサーバーです。



 

月額126円~あなたのニーズに合わせて5つのプランから選べる

スターサーバーを見てみる

※2週間の無料お試し期間有り

行政書士がホームページ作成時に選ぶレンタルサーバーまとめ

行政書士が初めてホームページを立ち上げようとした場合、レンタルサーバーは料金で決めてはいけません。

 

「安物買いの銭失い」という言葉があるように安いには安いなりの理由があるからです。

 

かといって、ハイスペックな高額レンタルサーバーをいきなり借りるのもおすすめしかねますね。

 

ただ、先のことを見据えて複数のホームページを立ち上げる、安心・安全をお金で買いたいというのであればエックスサーバーが最適解です。

 

また、”手始めにものは試しで初めて見よう”というのであればスターサーバーはおすすめできるサーバーですね。

 

ネット集客ができるようになればプランを高額プランにあげるもよし、他社サーバーに乗り換えるもよしといった感じです。

 

くどいようですが、レンタルサーバーは料金だけで決めるのはやめましょう。

関連

-ホームページの作り方
-,

Copyright© 行政書士で喰えるか , 2019 All Rights Reserved.