ホームページの作り方

SEOを”せを”って読んでしまった行政書士のあなたに伝えたいやさしいホームページの作り方

投稿日:

SEOは”せお”ではありません…エスイーオーと読みます。

  • SEOってなに?
  • SEOを知らないとだめなの?
  • SEOって食べ物?

SEO…それはホームページでネット集客するならば避けては通れない重要なキーワード。

 

行政書士がホームページを立ち上げると、必ずSEO会社から勧誘のお電話が鳴ります。

 

 

SEO会社:「御社のホームページは現在〇位です。もう少し上位表示されないとネット集客は難しいですね…」

 

SEOという検索エンジンに上位表示させるための会社が、わざわざアナログな電話で時間を問わず、クソ忙しい時にも関わらず営業してくれるありがたい存在な会社です。

 

わだゆう
SEO会社なのにアナログで電話営業するあたり、よっぽどレアな情報を握っているんでしょうね。聞けばよかった…

 

結論から言うと、行政書士がネット集客をするうえでSEOについて詳しくなる必要はありません。

 

なぜかというと、SEOはありとあらゆるテクニックや考え方があるため、ど素人である行政書士が手を出してもほぼ効果がないと感じているからです。

 

事実、私もホームページからのネット集客でそこそこの売上げがありますが、SEOについてはほぼ無関心。

 

それでも、今のところうちの事務所のホームページのコンテンツ(記事)は検索エンジンに上位表示されています。

 

本記事では行政書士がホームページでネット集客するためにSEOを気にする必要がない理由を書いてみました。

 

それでは

 

SEOを”せを”って読んでしまった行政書士のあなたに伝えたいやさしいホームページの作り方

 

をお送りいたします。

行政書士が知っておきたいホームページ作成のためのSEOとは

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

引用元>>>SEO HACKS様より抜粋

検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組み”がSEOってやつなんです。

 

もう少しかみ砕いていうと、Webサイトがより多く露出されるためには検索結果で上位表示されなければいけません。

 

つまり、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに検索結果で上位表示されるように施策をすることをSEO対策っていうのです。

 

よく言われるSEO対策は下記。

よく聞くSEO対策

  • 被リンク
  • 内部リンク
  • キーワード選定
  • タイトル文字数
  • 記事文字数
  • ホワイトハットSEO
  • ブラックハットSEO
  • etc...

と、ここに出した例以外にも世の中にはそれはそれはたくさんのSEO対策が存在しているのです。

 

ほんとに無数のSEO対策があります

 

SEO対策について詳しく知りたいのであればTwitterを活用するといいですよ。

参考

Twitterを使って情報を集めたいのなら必見>>>SNS活用で売上が2.5倍!|行政書士のネット集客方法

行政書士がSEOを気にする必要はない

さて、こんなに無数にあるSEO対策。

 

行政書士がいったいどれだけのSEO対策をできるでしょうか?

 

やれることは全部やったほうがいいって?

 

そりゃその通り。

 

でも、SEOはブラックボックス。

 

時代ごとにSEOという概念が変わります。

 

そして残念なことにすべてが正解というわけではありません

 

どんなSEO対策をすれば正解なのかがわからないのであれば、考えるだけ無駄ですよね。

 

しかし、行政書士がホームページでネット集客するためには検索エンジンに上位表示されなければいけません。

 

そのためにはSEO対策も必須になってきます。

 

なんだか堂々巡りになってしまいましたね。

 

そこで私が意識しているSEO対策を2つ紹介します。

 

ほんとにうちのホームページで意識してSEO対策をしているのは2つだけなんです。

 

SEO対策

  • キーワードをしっかり決める
  • ユーザーファーストなコンテンツを作る

それでは一つづつ解説していきますね。

行政書士がホームページ作成で意識するSEO対策①|キーワードをしっかり決める

行政書士のホームページにおけるキーワードとはあなたが取り扱う業務のことです。

 

例えば「車庫証明」、「古物商許可申請」、「産業廃棄物許可申請」だったりです。

関連

キーワードを決める理由はこちらに書いています>>>行政書士の仕事の取り方|まずは専門性をもつこと

このような取扱業務をしっかり決めること。

 

これが行政書士がホームページでネット集客をするためには必須なSEO対策になるのです。

 

行政書士がホームページでネット集客をする場合、1つのホームページで取扱業務は1つ(関連業務は除く)が鉄則です。

 

1つの業務について徹底的にコンテンツを作っていきましょう。

行政書士がホームページ作成で意識するSEO対策②|ユーザーファーストなコンテンツを作る

行政書士がホームページでネット集客をするためには作成するコンテンツはユーザーファーストなコンテンツを作らなければいけません。

 

ユーザーファーストなコンテンツとは

 

ユーザーファーストなコンテンツとは

  1. ホームページに訪れた人が見やすいコンテンツ
  2. ホームページに訪れた人の悩みや不安を解決できるコンテンツ
  3. ホームページに訪れた人が次にどのような行動をとればいいのかわかるコンテンツ

 

行政書士のホームページでは訪れたユーザーの悩みや不安を解決できるコンテンツを作らなければいけません。

 

あなたのコンテンツにはユーザーが悩みや不安を解決できる情報が記載されていなければならないのです。

 

また、あなたのホームページに訪れたユーザーが次にどのような行動に出れば悩みや不安を解決できるか分かりやすく情報を記載しなければいけません。

 

ホームページに訪れたユーザーが悩みや不安を解決でき、次にどのような行動をとればいいのかを分かりやすく見やすいコンテンツを作る必要があるのです。

 

ユーザーファーストには複数要素がありますが、最低限これらのことが必要になります。

 

行政書士がホームページでSEO対策をするならばユーザーファーストなコンテンツを作っていればほぼ間違いありません。

 

ユーザーファーストなコンテンツを作るコツはこの本を参考にしています。

 

まとめ|行政書士ならキーワードを決め、ユーザーファーストを意識すればSEOは気にする必要はない

行政書士がホームページを立ち上げてネット集客するのであれば、とりあえずはSEOは無視しておきましょう。

 

SEOみたいな難しいことを行政書士が詳しくなる必要はありません。

 

SEOを意識ししすぎると手が止まります。

 

必ず手が止まってコンテンツ(記事)が作れない状態に陥るのです。

 

とにかく行政書士がホームページでネット集客するのであれば、コンテンツ(記事)作成は必須事項。

 

正解のないSEOを意識するあまりコンテンツ(記事)作りができないなんて本末転倒です。

 

ユーザーがあなたのホームページに訪れ、悩みや不安を解決できるコンテンツ(記事)を作ること。

 

まず、これを意識しましょう。

 

とにかく、ユーザーファーストなホームページにすること。

 

これだけでも覚えておいてくださいね。

 

参考

SEOを意識しないコンテンツを作るならこの記事がおすすめ>>>たった1冊で行政書士のホームページが劇的改善!|ネット集客に効くWebライティングの教本

-ホームページの作り方
-,

Copyright© 行政書士で喰えるか , 2019 All Rights Reserved.