ホームページの作り方

無料?有料?どちらを選ぶ?行政書士がホームページを作るのなら知っておきたいそれぞれのメリット・デメリット

更新日:

  • ホームページにお金をかける予算を抑えたい
  • ホームページは自作しようと考えている
  • 無料のホームページを利用するか、Wordpressで作ろうか悩んでいる

行政書士となりホームページを持ちたいが、費用は可能な限り抑えたいですよね。

 

私も費用の関係上ホームページを自作したクチです。

 

たいしたホームページではありませんがネット集客はそこそこなものが出来ました。

 

知識ゼロからでも、やればできるもんですね。

 

行政書士がホームページを自作する方法は3パターンあります。

  1. 無料のホームページ作成サービスを利用する方法
  2. 有料のレンタルサーバーを借りてホームページを作成する方法
  3. ホームページビルダーなどのソフトを使用してホームページを作成する方法

「3.ホームページビルダーなどのソフトを使用する」に関しては時代的にそぐわないので却下します!

わだゆう
まぁ、こんな方法もあるよ程度に認識してもらえたらって感じです

 

基本的には

 

「1.無料のホームページ作成サービスを利用する方法」

 

「2.有料のレンタルサーバーを借りてホームページを作成する方法」

 

のどちらかを選ぶことになります。

 

結論から言うとどちらを選んでも結果は同じです。

 

無料ホームページ作成サービスを利用するメリットもデメリットもありますし、有料レンタルサーバーでのホームページ作成にもメリットもデメリットも存在します。

 

各々のメリット・デメリットを把握し、あなたに合ったサービスを選ぶのが最適解。

 

 

本記事では無料のホームページ作成サイト、有料レンタルサーバーでのホームページ作成に関してメリットとデメリットをそれぞれ解説しています。

 

それでは

 

無料?有料?どちらを選ぶ?行政書士がホームページを作成するためのサービスぞれのメリット・デメリット

 

をお送りいたします。

行政書士がホームページを自作する場合の無料ホームページ作成サービスのメリット・デメリット

そもそも、なぜ無料ホームページ作成サービスを利用すると無料でホームページが作成できるかについて簡単に説明しますね。

 

原則的に無料のホームページ作成サービスでは運営会社からドメインやサーバーを借りてホームページを置かせもらいます。

ドメインをさらに詳しく

ドメインとはホームページとなる住所地をイメージしてもらえればOK。 https://○○○○.comみたいなのをドメインといいます。

サーバーをさらに詳しく

サーバーとはホームページをインターネット上に表示するために必要となる情報を格納する場所のこと。サーバーを個人で持つのはハードルが高いので企業が持っているサーバーをレンタルするのが一般的です。

 

無料で雑居ビル内のテナントを1室借りるイメージでしょうか?

 

ではなぜ、無料でテナントを借りれるのかというと無料ホームページ作成サービス運営会社があなたのテナントとなるお店に企業の広告を貼るからです。

 

貼られた広告からの収益で運営会社が成り立ち、あなたが無料でテナントが借りれるという仕組みなんですよね。

 

無料ホームページ作成サービスの流れ

  1. いろいろな企業が無料ホームページ作成サービス運営会社にスポンサー料としてお金を払う
  2. 無料ホームページ作成サービス運営会社がスポンサー企業の広告を貸し出しているテナントに貼る
  3. テナントに貼られた広告からスポンサー企業にお問い合わせや資料請求、購買などのアクションがある
  4. スポンサー企業が儲かれば無料、ホームページ作成サービス運営会社の広告収益も増える
  5. 1.に戻る

上記の流れがあるので、あなたにも無料でホームページが持てたうえでネット集客も可能になるわけです。

 

しかしただ、うまい話ばかりでもありません。

 

無料ホームページ作成サービスを利用す場合、それなりの制約があります。

 

例えば

制約

  • 独自ドメインが取得できない
  • ページ数の制約がある
  • コンテンツ作成において自由度が制限される

独自ドメインをさらに詳しく

ドメインはホームページの住所のこと。独自ドメインとはホームページの住所地をお金を払って買うというイメージです。

 

”無料は無料なり”という言葉もある通り、無料は無料なりに制限があるわけですね。

 

制約に関しても無料ホームページ作成サービス運営会社によってそれぞれ異なるのであなたに合ったサービスを選ぶのがポイント。

 

それでは無料ホームページ作成サービスのメリット・デメリットをまとめてみます。

 

メリット

  1. 無料でホームページを作成しネット集客できる
  2. 誰でも簡単に無料でホームページが作れる

デメリット

  1. 無料ホームページ作成サービス運営会社の制約内でしかホームページが作れない
  2. 独自ドメインが取得できない運営会社もある
  3. 運営会社が無料ホームページ作成サービスを中止してしまえばそれで終わり

私的に無料ホームページ作成サービスを利用する場合、一番のデメリットは運営会社が無料ホームページ作成サービスを中止してしまうことです。

 

先ほども無料ホームページ作成サービスの流れを説明しましたが、無料ホームページ作成サービスで利益が出ない場合サービスの中止というのは十分にあり得ること。

 

運営会社さんは大手企業が多いのでそこまで心配する必要はないと思いますが、利益が望めなくなったら”いつサービスが終わってしまってもおかしくない”というのも事実ですよね。

 

独自ドメインが取得できていれば他のレンタルサーバーに移るという選択もできますが、運営会社が用意したドメインを使っている場合はサービスの中止=ホームページの終了という事態に陥ってしまうわけですね。

 

無料ホームページ作成サービスを利用する場合は、運営会社次第ということを納得した上で利用するようにしましょう。

 

参考

おすすめ無料ホームページ作成サービスを見てみる>>>行政書士におすすめ!無料ホームページ作成サービス厳選の3つ

行政書士がホームページを有料レンタルサーバーでホームページ作成するメリット・デメリット

ホームページはサーバーという場所に情報を置かなければインターネット上に表示されることはありません。

 

ホームページを表示されるためのサーバーは個人で持つのは非常にハードルが高いので基本的には企業が持っているサーバーを有料でレンタルするというのが一般的です。

 

うちの事務所のホームページもレンタルサーバーでサーバーを借りてWordpressというCMS(コンテンツ管理システム)を利用してホームページを公開しています。

 

わだゆう
これは完全に私のイメージですが、自作ホームページ=レンタルサーバー+Wordpressというイメージがあります。

 

有料レンタルサーバーからのホームページ作成の流れは以下のような手順になります。

 

レンタルサーバー流れ

  1. レンタルサーバー選び
  2. 独自ドメインの取得
  3. CMS選び
  4. ホームページ作成
  5. ホームページ公開

1.~5.まですべてあなた自身が行わなければならないためホームページ公開まで非常にハードルが高いです。

 

しかし、ホームページ作成に関しては自由です。ほぼ制約はありません。

 

ほぼというのは公序良俗に反するようなサイトという意味なので行政書士のホームページを作成するうえでは問題なし。

 

コンテンツの表現方法も自由で無限に存在するので必ずあなたが求めている表現方法も存在します。

 

また、Wordpressにおいてはネットでの情報が多数存在するので情報を仕入れる面でもメリットがあります。

 

ただ、レンタルサーバーや独自ドメインは有料なので運用資金は必要

 

わだゆう
ホームページの運用資金に関しては月額数百円~数千円程度ですけどね。

 

レンタルサーバーや独自ドメインの料金は運営会社によって様々ですので比較検討が必要ですね。

 

それでは有料レンタルサーバーでホームページを作成するメリット・デメリットです。

 

メリット

  1. ほぼ制約なくホームページが作成できる
  2. ホームページ作成に関して情報がたくさんある
  3. 独自ドメインなので運営会社がサービスを中止しても他のレンタルサーバーに移動が可能

デメリット

  1. ホームページ作成までの工程がハードルが高い
  2. 低額だが運用資金が必要
  3. ネット集客できようができまいが月額の運用資金は必要

参考

おすすめレンタルサーバーを見てみる>>>行政書士におすすめ!ネット集客に効く有料レンタルサーバー3選

まとめ|無料ホームページ作成サービスと有料レンタルサーバーのメリット・デメリットをしっかり把握して考えよう

無料ホームページ作成サービスを利用するにも有料レンタルサーバーを利用するにもメリット・デメリットは存在します。

 

あなたのホームページにあったサービスを選ぶのが重要。

 

無料は無料なりと割り切ってホームページを作成するのか、有料でもレンタルサーバーを利用して自由にホームページを作成するのかというのは今後のホームページからのネット集客には非常に重要なポイントとなります。

 

そのため無料ホームページ作成サービスを利用するのか有料レンタルサーバーを利用するのかは、可能な限り時間をかけ熟考を重ねて答えを出したいところです。

-ホームページの作り方
-,

Copyright© 行政書士で喰えるか , 2019 All Rights Reserved.